結婚前に債務整理していても借りられますか?

カードローンは家計がピンチなときや、急な出費が続いた時に非常に便利ですが、結婚前に債務整理の手続きをしたことのある主婦がお金を借りることはできるのでしょうか。

信用情報に登録されていると借りられない

任意整理や自己破産などの金融事故は、信用情報機関の信用情報に登録されてしまいます。
事故歴が登録されてしまうと、一定期間新たなローンや借入れができなくなり、保証人にもなれません。
つまり、結婚後であったとしても信用情報に事故歴が登録されている間はお金を借りたくても借りられないということになります。

 

結婚後の生活で何か影響はある?

結婚後も一定期間が経過していない場合、自分名義でローンを組めないため、車や住宅などをローンで購入したくても配偶者の名義にしなければなりません。
また、配偶者が住宅ローンを契約しようとする際に保証人になれないため、場合によっては配偶者が住宅ローンを組めないこともあります。
車のローンは配偶者の名義で契約すれば特に問題ありませんし、住宅ローンも保証会社を利用する方法もあるので一概に影響があるとは言い切れないようです。

どちらにせよ、債務整理をするとしばらくの間はお金を借りられなくなるため、大きな買い物をしたくても難しくなることは大いに考えられます。
ローンが組めず、クレジットカードも契約できないなど不便な思いをしなくてもよいように、お金を借りすぎないようにしましょう。

 

 

申し込んですぐ借りられる!おすすめの即日融資カードローンはこちら