カードローン申し込みに必要な書類

カードローンを申込みたいけれど、どんな書類が必要か分からないという方は意外と多いのではないでしょうか。
カードローンは初めてという方にとっては、申込みや必要書類など分からないことだらけかと思います。
そこで、ここでは申込み時に必要な書類について簡単に紹介していきましょう。

本人確認書類は必須

カードローンの申込みに欠かすことのできないものと言えば、本人確認書類です。運転する方であれば、運転免許証で構いません。
運転しない方は健康保険証やパスポートなどを提示するとよいでしょう。
提示する際に、運転免許証の更新手続きをきちんと行っているか、パスポートの期限が切れていないかを確認しましょうね。

 

収入証明書が必要なことも

借入れ希望額が50万円を超える場合や、他社でも借りている方で借入額が100万円を超える場合は、本人確認書類の他に収入証明書も必要になります。
収入証明書は、源泉徴収票や課税証明書、所得証明書、納税通知書、給与明細書などからいずれか一点を提出します。
収入証明書は最新のものを提出する必要があり、給与明細書に関しては、賞与明細書がある場合は直近1年分も提出します。
(※一般的なお話です。専業主婦は借入額に制限がありますので収入証明書は不要です)

カードローンの申込みに必要な書類は以上です。
印鑑や保証人、担保は不要です。
多額の融資を希望しない場合は運転免許証など本人確認書類を提出するだけでよいため、急ぎのときでもすぐに申し込めます。
申込みフォームに必要事項を記入し、審査結果を待つだけなので特に難しいことはありません。
分からないことがあればオペレーターに問い合わせできるので安心して申し込めます。

 

 

申し込んですぐ借りられる!おすすめの即日融資カードローンはこちら