住宅ローンへの影響はある?

マイホームを購入する際、ほとんどの方は住宅ローンを利用するかと思いますが、妻がキャッシングやカードローンなどを利用していた場合、住宅ローンの審査に影響はあるのでしょうか。

審査対象はどこまで?

住宅ローンの審査範囲は、人と物件の両方と言われています。申込者の返済能力や勤続年数、購入する不動産の価値や質など審査項目は多岐に渡っており、総合的に審査を行います。
具体的な審査項目や審査基準は公開されていませんが、ローンを返済できる支払能力は必要不可欠です。

 

妻の借入れは影響する?

住宅ローンの審査はあくまでも申込者本人と物件が対象になりますが、妻が連帯保証人や連帯債務者などになっている場合は妻の信用情報も審査対象となるため、
影響がないとは言い切れません。
例えば、妻が延滞や債務整理の手続きを行ったことがある場合は、妻を連帯債務者などにすると審査が厳しくなる可能性が高くなります。

 

信用情報機関の情報が大切

住宅ローンを申し込むと、ローン会社は申込者の信用情報を参照して審査を行います。
この信用情報機関の情報は、過去の借入れ状況などについても細部まで登録されているため、審査に通りやすくするためにも普段から延滞や滞納をしないように
することは言うまでもありません。

妻が連帯債務者などになっている場合は妻の借入れが審査に影響しますが、例え審査に通過したとしても妻の借入額が多いと毎月の返済に影響が出ることにもなりかねません。
お金を借りすぎてしまわないように気をつけましょう。

 

 

申し込んですぐ借りられる!おすすめの即日融資カードローンはこちら