総量規制ってどんな法律?

お金を借りることについてネットで調べていると「総量規制」という言葉を目にすることがあるかと思います。
この総量規制は私たちがお金を借りる際にどのような影響があるのでしょうか。

借りすぎを防ぐ法律

総量規制とは、個人がお金を借りる際に年収の3分の1までしか借りられない仕組みのことを指します。
総量規制は多重債務や債務整理を防ぐために施行された法律であり、消費者金融などからお金を借りすぎないために施行されました。
総量規制が設けられたことで、利用者がより安心してお金を借りられるようになりました。

 

総量規制の対象外とは!?

消費者金融からの借入れは総量規制の対象となり、最大で年収の3分の1までしか融資を受けられませんが、銀行のカードローンは総量規制の対象外になります。
つまり、銀行のカードローンは、審査で返済能力があると判断されれば年収の3分の1を超えて融資を受けることも可能であるのです。
専業主婦は銀行カードローンなら借りられます。

総量規制の対象となる貸金業者を利用する場合、申込者に安定した収入があることが必要不可欠になります。
収入のない専業主婦の方は、総量規制の対象外である銀行のカードローンなどであれば申込みできるというわけです。
総量規制が施行されたことで以前よりも多重債務者や自己破産者の数が減ってはいますが、完全に防止できているとは言えません。
総量規制対象外のところからお金を借りる際は十分に注意して利用するようにしましょう。

 

 

申し込んですぐ借りられる!おすすめの即日融資カードローンはこちら