総量規制対象外って何?

2010年6月に施行された総量規制は、貸金業者からの借入が年収の3分の1までと制限する法律です。
総量規制はすべての貸付を対象としているわけではなく、対象外のものもあります。

総量規制の対象外って何?

総量規制の対象外とは、借入総額に制限が設けられていない貸付のことを指します。
例えば、銀行の貸付けは総量規制の対象外になることから、借入残高が年収の3分の1を超えていても利用限度額の範囲内であれば借入ができます。
銀行の貸付けの他にも、銀行のカードローンなども総量規制の対象外になります。

 

主婦でも借入れできる

総量規制の対象であると、借入総額に制限があったり、収入のない方は申し込みできません。
しかし、総量規制の対象外である銀行のカードローンなら、たくさんお金を借りたい方だけでなく、専業主婦でも申込みできます。
これまで収入がないからという理由で借入れをあきらめていた方でも、総量規制対象外のローンならいざというときに助かります。

総量規制対象外である銀行のカードローンは、主婦の方が利用しやすいローンと言えます。
ローン会社によって金利やサービスはさまざまなので、お金を借りる予定があるのであれば、事前にローン会社について調べておくのもおすすめです。
比較サイトや口コミサイトなどを活用してもよいですし、ローン会社に問い合わせてみてもよいでしょう。
自分に合う会社を見極めて利用しましょう。

 

 

申し込んですぐ借りられる!おすすめの即日融資カードローンはこちら