担保や保証人なしで借りられる理由

一般的にお金を借りるときは担保や保証人が必要ですが、カードローンは本人確認書類などを提出するだけでお金を借りることができます。
担保や保証人が不要でも融資を受けられるのは何故でしょうか。

信用取引で借りる

カードローンを申し込むと、審査を受けます。
この審査では、申込者本人が社会的に信用できる人物であるかどうか、返済能力がどの程度あるかを調べます。
申込者が過去に債務整理などを行った経験があれば、信用度が低いため審査は通りにくくなりますし、他社での借入れ件数が多い場合でも、返済能力を疑われることもあります。
申込者の信用度によって利用可能額などを決めていきます。

 

金利が高めに設定されている

住宅ローンなどは、申込者がローンを支払えなくなったとしても住宅を売却することで貸付金を返済してもらえます。
しかし、カードローンは利用者が多重債務や自己破産など何かしらの事情で支払えなくなると回収が厳しくなるため、リスクを伴います。
そこで、少しでもリスクを減らし赤字を少なくするために住宅ローンなどに比べてあらかじめ金利を高めに設定しているのです。

カードローンは、担保や保証人なしでお金が借りられるので気軽に利用しやすいですが、実は金利を高めに設定することで万が一のリスクに備えているのです。
カードローンを利用する際は、信頼実績を積むためにも、返済期日に間に合うようにきちんとお金を返すことが重要です。
返済時の負担を少なくするためにも、お金を借りる際は無理のなく返せる分だけを借りるようにしましょう。

 

 

申し込んですぐ借りられる!おすすめの即日融資カードローンはこちら