カードローン利用時の主婦と専業主婦の違い

「主婦でも申込みOK!」「専業主婦でも借りられるカードローン」など、主婦向けのキャッシングやカードローンの広告を目にしたことがある方は多いのではないでしょうか。
主婦でも申し込めることから、家計がピンチのときなどに心強いですが、ローンによっては主婦はOKでも専業主婦は申し込めないこともあります。
カードローン利用時の主婦と専業主婦にはどのような違いがあるのでしょうか。

収入があるかどうかが決め手

主婦と専業主婦の違いは、収入を得ているかどうかで決まります。
貸金業界では、パートやアルバイトなどで毎月安定した収入がある既婚女性を「主婦」、仕事をしていない、すなわち収入を得ていない既婚女性のことを「専業主婦」とみなします。
つまり、収入があるかどうかで主婦または専業主婦のどちらかに区分されるというわけです。

 

専業主婦でもOK!

パートやアルバイトで収入を得ている主婦は、ほとんどのカードローンに申し込めますが、専業主婦は一概にそうとは言えません。
専業主婦の場合、総量規制の対象外である銀行カードローンなら配偶者の同意書を提出しなくてもお金を借りられます。
ただし、専業主婦向けに借入れ可能額を少なく設定されていることがほとんどなので、多額の資金を借りることは厳しいでしょう。

主婦や専業主婦の方がお金を借りたい場合、申込み条件を確認してから審査を受けるようにしましょう。
借入枠が少額だからと安心するのではなく、無理のない範囲で利用しましょうね。

 

 

申し込んですぐ借りられる!おすすめの即日融資カードローンはこちら