カードローンの仮審査と本審査の違いは?

カードローンを申し込むと審査を受けます。
審査は仮審査と本審査があり、仮審査を通過したら本審査に進み、本審査を通過すれば契約できます。
この仮審査と本審査は何か違いがあるのでしょうか。

システムで行う仮審査

仮審査は、申込者がカードローンを利用できるかどうかを簡易的に判断するためのもので、機械で自動的に行われます。
仮審査は申込者の生年月日や他社での借入れ状況など簡単な項目だけで審査を行うため、お金を借りられるかどうか大まかに知ることができ、審査結果は最短で数秒ほどで分かります。
この仮審査を通過しなければ、カードローンは利用できません。

 

人がじっくり調べる本審査

仮審査に通過したら本審査を受けます。本審査は申込者の信用情報などをもとに、より細かく調査を行います。
仮審査に通過した場合でも、本審査基準を満たさないところがあれば落とされてしまいます。
本審査は仮審査のようにあっという間に結果が出るわけではなく、早くて30分程〜1時間くらいは時間がかかります。審査に通過したら、契約可能額が通知され、本契約を行います。

仮審査と本審査はカードローンの契約に欠かせないものです。
どちらの審査においても、正しく申告することが大切です。
審査に通りたいからといって、都合の悪い情報を申告しないでいると、それが原因で審査に落ちてしまうことにもなりかねません。
審査では、審査に有利な情報を申告するのではなく、あくまでも自分の情報を正しく伝えるようにしましょうね。

 

 

申し込んですぐ借りられる!おすすめの即日融資カードローンはこちら