銀行カードローンと消費者金融の違い

家計のやりくりや友人とのお付き合いなど、専業主婦でも自由に使えるお金って意外と必要ですよね。
今月は家計がピンチ、貯蓄もないというときなどに便利はカードローンは、銀行系と消費者金融系の2種類があります。
この2つのカードローンの違いについて説明しましょう。

総量規制の対象であるか否か

総量規制とは、借入総額が年収の3分の1までという制限のことです。
この総量規制の対象となるのは消費者金融系のカードローンであり、借入額が年収の3分の1を超えてしまうと新たにお金を借りられなくなってしまいます。
これに対し、銀行系のカードローンは総量規制の対象にならないため、収入のない専業主婦の方でも借入れできるということになります。

 

審査基準の違い

借入れ先によって審査基準はさまざまですが、銀行系と消費者金融系とを比較すると、銀行系のほうが審査基準が厳しい傾向があると言われています。
これは、銀行系のほうが低金利で限度額が高い商品が充実しており、若干ではありますが、返済時の負担が少なくなるからです。
しかし、今すぐにお金を借りたいという場合は、審査結果が出るまでの時間が短い消費者金融系のほうがおすすめです。

銀行系と消費者金融系のどちらを利用するか迷った場合は、まずは何故お金を借りたいのか、いつまでに返済できるのかなど目的を明確にすることが大切です。
目的に合ったカードローンを選んだら、返済シミュレーションツールなどを活用し、計画的な利用を心がけるようにしましょう。

 

 

申し込んですぐ借りられる!おすすめの即日融資カードローンはこちら