妻の借入は夫に影響がありますか?

一昔前までお金を借りることは恥ずかしいことというイメージがありましたが、最近は、テレビコマーシャルで宣伝されていることもあり、男女関係なく気軽に利用できるようになりました。
主婦や専業主婦でも利用できるカードローンが増えたこともあり、主婦層の利用者は年々増加傾向にあります。
お金を借りることができるのは便利ですが、妻の借入れが夫に影響を及ぼすのではないかと心配する声もあります。
実際に影響はあるのでしょうか。

契約そのものには影響はない

妻の借入れの有無に関わらず、夫がローン申込みをする場合、審査は夫の年収や借入れ状況など、夫の信用情報の登録内容に基づいて行われます。
つまり、妻が融資を受けているから、夫の限度額が低めに設定されるなどということはなく、あくまでも夫個人の信用度で契約内容が決まります。

 

借りすぎには注意

しかし、妻が無計画にお金を借りてしまうと、返済できなくなってしまい、家計がピンチに陥ってしまいかねません。
そうなると、夫がどんなに稼いだとしても借金の返済でお金がなくなってしまうため、夫に影響が及ぶと言っても過言ではありません。

お金を借りるときは、確実に返済できる金額だけを借りることが賢明です。
お金を返せなくなってしまうと、最悪の場合、任意整理や自己破産など債務手続きをする必要性に迫られることにもなりかねません。
一昔前よりも気軽に借りられるようになりましたが、借金しているという自覚をしっかりと持って利用するようにしましょう。

 

 

申し込んですぐ借りられる!おすすめの即日融資カードローンはこちら